トップページイベント情報 > 構造見学会 in 橿原市西池尻町

構造見学会 in 橿原市西池尻町

開催日 2017年8月26日(土)、27日(日)
開催時間 10:00~16:00
開催場所 奈良県橿原市西池尻町(地図参照)

吉野産ひのきを使ったダブル断熱でつくる住まいの構造見学会を橿原市西池尻町で開催します

弊社で開催する構造見学会は、実際に住む家を、施主様のご厚意により公開しているもので、決して大手住宅メーカーのような見せるだけのモデルハウスや展示場では有りません。
施主様の想い、希望、夢をどこまで実現できるかを、二人三脚でつくり上げているのです。
だから、一軒一軒それぞれ個性が有ります。

工事中の現場を見てもよくわからない・・・と思われるかもしれません。

でも本当に良い家を建てたいと思うなら、完成すると隠れてしまい見ることが出来ない部分を隅々までじっくりとご自身の目で見て、少しでも勉強して欲しいと思います。
是非、構造見学会に参加してみて下さい。

この住まいは・・・k_paeth170820-450.jpg
国が主導する「地域型住宅グリーン化事業」に採択された住宅で補助金100万円の交付を受ける住まいです。

構造材は奈良県吉野産のひのき
耐震性は最高等級「3」

断熱性能はダブル断熱で夏涼しく冬温かい住まい。
快適な住まいは断熱性能気密性能の二つが伴わなければ得ることが出来ません。
ダブル断熱の仕様は・・・
外張り(硬質ウレタンフォーム、床下・100mm、壁・36mm、屋根・61mm)
壁内充填(現場発泡軟質ウレタン「アイシネン」、壁・105mm、小屋裏150mm)


以上のような仕様でこちらの住まいでは外皮平均熱貫流率(UA値)は0.39と北海道地方の基準を悠々とクリアする性能となっております。
※外皮平均熱貫流率・・・弊社では全棟個別に計算しております。
image_kubun170820.jpg

弊社が建てる家の性能を上記の表に当てはめると・・・
image_kubun02.jpg

しかも、
弊社の住まいは全棟気密測定を行っており、C値0.5を目標としております。
(8月25日に測定を行い見学会会場で公開致します)
気密測定というのは建物の隙間の量を測定する検査の事で、その建物の隙間相当面積【C値】を知ることが出来ます。
たとえば、穴の開いたバケツをイメージしてみてください。
穴が小さければ水は少しづつしか漏れませんが、大きな穴だとたくさんの水が漏れてしまいます。気密性能とは、家(バケツ)からどれだけ空気(水)が漏れるかを表します。
つまり、住宅に開いた穴(隙間)がどれくらいあるかを数値で表したものが気密測定なのです。
断熱材をいくら厚く良いものを入れても、隙間が多いと、家の中の暖めた空気や冷やした空気が外部と入れ替わってしまいます。
断熱と気密、両方の性能が高くて初めて快適な住まいが出来るのです。
また、24時間の換気計画も気密がしっかりしているから、空気の流れもよむことができ、効率良く換気出来るのです。
その他にもサッシは高性能な樹脂を採用、そしてガラスはLow-Eアルゴンガス入り遮熱ガラス、複層ガラスの間に挟むスペーサーという部材についてもまだまだ住宅業界では結露の原因となるアルミ製が大半を占めていますが、弊社では業界に先駆けて樹脂スペーサーを積極的に採用しております。

光熱費があまりかからない住まいを建てるにはどうすれば良いか?

どうすれば快適に過ごせる住空間を手に入れることが出来るのか?

他にもKino-izmが拘る家づくりについても詳しくご説明させて頂きます。

開催時間は午前10時~午後4時まで、2日間の開催です。
予約は不要です。

一覧へ戻る

小冊子さしあげます。

当社に興味を持っていただき、資料請求していただいた方には、どこの住宅会社で契約しても役立つ小冊子をプレゼントさせていただきます。ご縁があった方には、満足する住まいを建ててほしいからです。建築時期や土地が未定の方もお気軽にご請求ください。お申し込みお待ちしております。

【小冊子の内容】

  • 外断熱の家って?
  • あなたは地震のことをどれだけ知っていますか?
  • 「耐震等級3」相当で建てるこれからの家づくり
  • 地震に強い金物工法のヒミツ教えます
  • 耐震補償付きスーパーストロング構造体

冊子イメージ資料請求はこちら

お電話からのお問い合わせ 0744-26-0055

営業時間/9:00~18:30 定休日/水曜日

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

イベント情報

後悔しない 家づくり/木野芳弘のブログ

最近の記事

このページの先頭へ